IT業にみるファクタリング利用のポイント

パソコンを使用しているひと

インターネットの普及にともなってウエブマーケティングやIT事業は飛躍的な成長を継続しています。人脈さえ確保できれば独立することが可能とされており、10代や20代で独立している経営者も少なくないとされているそう。しかし実際の事業展開にあたっては、パソコンやソフト・オフィスなどの設備投資、営業広告などの事業投資、そしてプログラマーや技術者などの人件費など現金需要が常に存在しています。ただ、事業開始後業績がない段階で、金融機関からの融資やビジネスローンを利用するのは困難です。十分な与信枠がない場合でも売り掛け先への債権さえあれば現金化する方法に、ファクタリングがありIT業での利用が拡大しつつあるようです。

従来からファクタリング取引は建設業や製造業を中心に利用されてきた経緯があります。これらの業種では、支払サイトが長く設備や人件費が常に発生しているので、現金需要が非常に高い傾向があるのは確かです。しかもかけの取引が一般的なので、黒字経営でも手元の現金が不足しがちという現実があります。こういった事情はIT業でも同様といえます。

ファクタリングに適した業種には、仕入れや材料などのコストが嵩む、入金までの再とが長い・もしくは不安定などの特性を持っています。仕事の完成が先履行になる請負契約や、終了までの期日が不安定な業務委託契約などが典型的です。これらの特性はいずれも建設業や製造業などに伝統的に見られる特性で、IT業でも製作・企画・保守・管理などの業務内容が多いことから、ファクタリング取引が効果を発揮すると考えられるようになった訳です。

IT業では業務内容に適したスペックのパソコンは必須なので設備費は必ず必要です。処理はPCの処理で行うことになっても実際の作業は人手を投入して作業します。
そしてIT業特有の事由に次のような事実を加ええることも出来ます。アウトソーシングを利用することにより外注費が増加する、バグの発生により莫大な偶発債務が発生するなど、IT業特有の事情です。作業内容によっては数ヶ月から数年以上の月日を必要とするとも決して珍しいことではありません。そのため製作途中の人件費を始めとした運転資金やショートを回避するべく、ファクタリング取引を活用する事例が増えています。そしてIT業は納期を収めないと、取引先の信頼を喪失してしまうものです。ソフト開発などの場面ではバグなどの不具合に遭遇すると人海戦術で修正するほかありません。このようにIT業ではファクタリングの必要性が高い業種といえるわけです。