アパレル業にみるファクタリング利用のポイント

洋服屋の店内

衣服や雑貨などの販売を主要な事業にするのがアパレル業、この業種の特性は先払い後出しが取引慣行として定着しています。つまり商品を仕入れる際には、とりあえず仕入れ料金を支払ってから商品の納入の形をとる業態と言うことを意味しています。トレンドのアイテムが見つかり、相応の売上を期待できそうな商品を眼にしても、仕入れて店頭に並べるには何をおいても、キャッシュで仕入れ料金を支払うことなしに新製品を店頭で販売にだすのは困難です。理想を言えば新商品の登場などを季節的要因として織り込んでどいて、機動的に現金を活用することが出来ればベストですが、それほどの目利きと十分な資金力を両立させているアパレル業界人は、ほんの一握りの人々、いわばアパレル業界を牽引するトップランナーとも言うべきカリスマに限られると言っても過言ではないでしょう。

そもそもアパレル業では先払い後出しの商習慣が一般的です。売り上げが上昇しても、現金の入金までにタイムラグがあるので、一時的な資金不足で支払が追いつかないと、今後の業績への影響が懸念されます。このような事態の現金を確保するのに、ファクタリング取引は有効です。アパレル業は原材料の仕入れから、加工までを一手にになう場合は、デザイン決定から店頭に並ぶまでの間にかなりの時間を必要とします。しかも当期の売上をまたずして、次シーズンの製作に追われるので、他の業種に比べても現金調達に逼迫しやすい業種と言えます。この点、支払期日を気にしないで現金化できるファクタリング取引は、支払サイトの問題を解決する選択肢として重宝されるわけです。しかもアパレル業は長期的視野で製作から生産までのスケジュールを構築する必要に迫られますが、他方でスピーディーな対応が求められます。販売開始時期の判断のずれが、その先の売上に深刻な影響をおよぼす可能性があるため、在庫の急変動などには迅速な対応が必須です。売り上げが急増しロット数に不足を来たした場合でも、ファクタリングなら現金化するのに最短で即日入金できます。たしかに手数料はかかりますが、ビジネスチャンスを確実に掴む上ではファクタリングは上手に活用する余地が大いにあるといえます。

アパレル業では長時間の製作期間を経て、売れ始めることでようやく利益が出る世界です。一時的な資金繰りに陥るのはザラで、好況時には現金不足に陥ることも。ファクタリングでタイムリーな資金調達で円滑な事業展開をすることが、安定した経営の重要な要素です。