ファクタリングを徹底活用!業種による活用方法

黄色の四角形 四角形と線
  • 調理している様子
  • アパレルショップのマネキン
  • パソコンで作業をしているひと
  • 調理している様子
  • アパレルショップのマネキン
  • パソコンで作業をしているひと

欧米では主要な資金スキームとして定着しているファクタリングですが、日本で利用が急速に拡大したのはここ10年ほどの期間とされています。元々は本国から遠く離れた外国との貿易取引をスムーズに行い、出来るかぎり遠隔地同士の取引に伴う危険を回避するために利用されてきた歴史を持っているのです。

現在、現金調達手段として普及が進んでいるのは、売掛金債権を売買し支払期日前に現金を確保するというものです。企業同士の商取引では、一回きりの取引で終了するものもありますが、まとまった回数の取引を前提にする掛け取引が一般的です。複数回の商品納入を行う変わりに支払については、まとめて特定の日に支払うというものです。入金までの期日のタイムラグを支払サイトと呼びますが、業種によっては2-3ヶ月ほどの長期間を待つ場合も珍しくありません。

握手をしているひと

将来に入金が確定しているからといって、事業活動を間断なく継続させてゆくには従業員への人件費や資材や原料費・機器類の購入やメンテナンスなど、常に一定の現金重要が存在しています。支払サイトの拘束を受けていると、キャッシュの流れがショートし、最悪の場合黒字倒産の憂き目に遭遇するリスクも高くなります。このような状況の改善に役立つのが、ファクタリングです。支払サイトの設定を受けている売掛債権を、任意のタイミングで現金化できるので、キャッシュを迅速に確保できるメリットがあります。

ファクタリングには2社間取引と3者間取引の2種類があります。売り掛け先はどこに入金するべきなのかに大きな関心があるので、債務者でもある取引先の承諾をえる3者間取引が原則です。しかし取引先にファクタングを利用することを告知するのは、信用上の不安を与える可能性があります。そこで取引先を完治させない2社間取引も盛んに行われるようになりました。

いずれのファクタリングを利用するにしろ、金融機関から融資を得る場合に比べると数々のメリットがあるのは確かです。まず審査の対象は取引先の信用状況になるので、利用会社が赤字経営や税金滞納など、融資困難な方でもファクタリングの審査は通過する可能性はあります。しかも融資のための審査機関は早い場合で10日ほど、長くなると1ヶ月程度になるでしょう。これでは急速な資金需要にこたえるには難しいのが現実です。この点、ファクタリングを利用すれば最短即日入金可能なので、急場の資金需要にも迅速な対にも最適です。